トレンドドライバー

キャッシュレスとスマホ決済の最新情報・トレンドと話題のブログ

アリペイの国際送金技術【ネットの反応】ブロックチェーン技術を応用 #Alipay

スポンサーリンク

 1月19日にNHKスペシャルで放送された「アメリカvs.中国、ハイテク技術をめぐる攻防」が反響を呼んでいます。

サブタイトルは「未来の覇権争いが始まった」であり、その最前線が紹介されています。

なかでも、アリペイの国際送金技術に関心が集まっていますので、ネットの反応を少し見てみましょう。

目次

(ツイッターの画像表示バージョンはこちらのページ

   

アメリカvs中国 未来の覇権争いが始まった

まずは、NHKスペシャルの予告編です。

アメリカvs.中国、ハイテク技術をめぐる攻防

こちらの公式ページで、予告動画が見れます。

www6.nhk.or.jp

内容です。

貿易摩擦を巡り対立するアメリカと中国。その水面下では“未来の覇権”をかけたハイテク分野での攻防が始まっていた。壮大な国家戦略のもと、アメリカを猛追する中国。自動運転車の開発競争ではベンチャー企業が独自のAIを開発し、グーグルやウーバーといった巨大IT企業に迫っている。さらに新技術を使ってアメリカが誇る“ドルによる金融覇権”にも風穴を開けようとしている。未来を見据えた米中の攻防、その最前線を追う。

出典:アメリカvs.中国、ハイテク技術をめぐる攻防 NHKスペシャル

 

今後、中国は経済戦略のうえで、自国のアリペイにシフト

 

 

ドルを介さない国際送金を望んでいる国、企業も多数あり

 

  

ドル抜きの中国経済圏が米国主導の経済圏を脅かす近未来

 

 

ハイテク技術を中国という巨大市場内で利用

 

 

 

 

アリペイの国際送金技術はブロックチェーンを応用

 

アリペイで国際送金

 

 

アリペイは、2018年6月に香港とフィリピンの間で国際送金サービスをはじめました。

 

ブロックチェーン技術に対する期待は高まっている

 

 

 中国は仮想通貨には警戒感を示してますが、ブロックチェーンなどの技術面には関心を持っている感じですね。

 

アリババは独自技術でつくったんや

 

 

 

中国は独自の送金技術を採用する その一つがAlipay

 

  

アジア圏の利便性が高まる

 

香港とフィリピン間の送金が3秒

 

 

出稼ぎ労働者の人に重宝されている

 

 

すでに近くに銀行がない新興国の過疎地で実用化

 

 

 

 

関連記事

www.trends-driver.com

 

www.card-reviews.com

 

トップページ

 

スポンサーリンク